中学野球: 静岡野球スカウティングレポート

スカウティング レポート 静岡 スカウティング レポート 静岡

⚔ 切り替えて準備していきたい」 ヤマハ・矢幡勇人主将 「一人ひとり、やってきたことを信じてやるだけです。 東海大会は1つの目標にしてきた。

2
(編集部・栗山) <写真/左から静岡産業大・ 三枝幸文理事長、広島・ 大盛穂、静岡産業大・鷲崎早雄学長>. 一方の加藤学園は直後の6回、2番・ 佐野陸斗のタイムリーで同点。

大盛穂(広島)が母校の静岡産業大を訪問!: 静岡野球スカウティングレポート

スカウティング レポート 静岡 スカウティング レポート 静岡

🙄 決勝戦は2打数無安打に終わりましたが、亀井の球に対して1打席のライトフライ、2打席目のセンターフライともにしっかりととらえていました。

7
大会後、コントロールを磨き、この日の快投に繫げました。

大盛穂(広島)が母校の静岡産業大を訪問!: 静岡野球スカウティングレポート

スカウティング レポート 静岡 スカウティング レポート 静岡

😒 3対3の同点で迎えた9回裏。 2年連続の東京ドームに向けて、ここからが正念場。 試合後、山田寛之監督から大会の中止が告げられると、選手たちは号泣しました。

8
先発して4イニングで7奪三振をマークしました。

静岡野球スカウティングレポート

スカウティング レポート 静岡 スカウティング レポート 静岡

😇 セーフとなりましたが、スピード感と球際の強さに驚きました。 そして、最後の質問コーナーでは、高校生の悩みを大学生が的確に答えていました。 まだ体の線は細いですが、打っても守っても父譲りのセンスの良さが際立っていました。

バットが振れて、打球音は一人別格でした。

大盛穂(広島)が母校の静岡産業大を訪問!: 静岡野球スカウティングレポート

スカウティング レポート 静岡 スカウティング レポート 静岡

😀 0対0で迎えた6回、2死一二塁から主将の 松下球真がライト前にタイムリーを放って先制。 6回に2点を失ったものの、最後まで落ち着いた投球で完投した。 4回の雨宮の一発が大きかったと思う。

15
続く8回には5番・ 矢幡勇人がドラフト候補右腕・松本竜也のストレートをレフトスタンドに持っていきました。 制したのは島田ボーイズでした。

中学野球: 静岡野球スカウティングレポート

スカウティング レポート 静岡 スカウティング レポート 静岡

✌ この日の前野は守備でも難しい打球をキャッチし、チームに貢献。 球速は少し厳しめと言われる浜松球場のスピードガンで143キロをマーク。 さらに、5回には「3番センター」の 前野幹博が「いい感じで反応で打てた」と、ライトスタンドへ逆転の2ラン本塁打を放ちました。

16
低めのストレートでも垂れることなく伸びがあり、右打者の内角には沈む球も。

中学野球: 静岡野球スカウティングレポート

スカウティング レポート 静岡 スカウティング レポート 静岡

😝 個人的に気になったのが「3番ショート」の 鈴木一翔。

軟式、硬式合わせ、中学3年生世代では、県トップクラスの素材ではないでしょうか。

大盛穂(広島)が母校の静岡産業大を訪問!: 静岡野球スカウティングレポート

スカウティング レポート 静岡 スカウティング レポート 静岡

⌚ 桐陽は準決勝で3連覇中の富士宮北を破り、決勝戦では投打が噛み合って快勝。 バランスの良いフォームからキレのある球を投げ込んでいました。 藤枝明誠・光岡孝監督 「小林を中心としたディフェンスで戦っていくチーム。

10
スラッとした体型で、立ち振る舞いにセンスを感じるタイプ。 1点を追う7回、5番・ 鈴木愛翔のタイムリーで同点。