阪急宝塚本線

線 阪急 宝塚 線 阪急 宝塚

⚑ かつては現在の急行の停車駅と三国駅に停車し、直通列車を基本に、一部列車が梅田駅(現在の大阪梅田駅) - 雲雀丘花屋敷駅間で運転されていた。

13
(平成17年)• 従来「X100系」は最高速度が低かった宝塚線用の低速仕様車が付されていた形式であったが、この形式は上記の経緯から意味が異なっている。 鉄道ファン公式サイト2015年8月23日配信• 『100年のあゆみ 部門史』株式会社、2008年3月31日。

宝塚駅

線 阪急 宝塚 線 阪急 宝塚

🖐 ダイヤ [ ] 日中は1時間に8本(区間快速・当駅折り返しの普通がそれぞれ4本)が発着する。 (昭和62年) - により(JR西日本)の駅となる。 神戸線でも同様の事態が生じているが(当時相互乗り入れをしていたとの系列重複)こちらはそのまま使用している。

20
なるべく最新状況にしておりますが、 更新時点の状況ですので、その後の変更等があります。 252頁。

阪急電鉄|運行情報|神戸線 宝塚線 京都線

線 阪急 宝塚 線 阪急 宝塚

🤑 原則的に今津線は1・2号線ホーム、宝塚本線は3・4号線ホームを使用する。

最後まで旧式MGを搭載していたのは5128Fである。

阪急5100系電車

線 阪急 宝塚 線 阪急 宝塚

🙄 現行の各種別の停車駅は「」の節を参照。

4
戦中 - 昭和末期 [ ] 戦中には軍需輸送などで乗客数が急増し、5両編成の運転も開始された。 『RAIL FAN』第50巻第11号、鉄道友の会、2003年11月1日、 19頁。

阪急宝塚本線

線 阪急 宝塚 線 阪急 宝塚

👉 ただし、後述の宝塚発今津線経由大阪梅田行きの準急を除いて、西宮北口駅での乗り換えが伴うため、上り下りを含めた移動が強いられる。 RMニュース(鉄道ホビダス)、2016年6月28日• :梅田駅 - 十三駅間が高架化。 冷房車を各線均等に配置するためにそれまで神戸線、()系統の車両と系統の車両とで異なっていた機器類の規格が極力統一され、全線での運行に配慮した設計となっている。

18
2010-3-14改正以前の地下鉄運番は、未把握が多く、全て省略しています。

阪急宝塚本線の路線図

線 阪急 宝塚 線 阪急 宝塚

🤭 山口益生『阪急電車』236-237頁。

6
また、それ以外の時間帯でホームがそれぞれ1線で足りる場合には、今津線は2号線、宝塚線は3・4号線のみを使用する。

阪急宝塚本線

線 阪急 宝塚 線 阪急 宝塚

🤐 90系統 行(前・野里経由)• (昭和54年) - 貨物の取り扱いが廃止。

数年後にはわずかながら所要時間を短縮し、最新鋭のを投入するなどの積極策に出ている。 『日本の私鉄7 阪急』1990年、89頁。