シューマン ピアノ協奏曲 イ短調 Op.54 | おすすめ!名盤レビュー

協奏曲 シューマン ピアノ 協奏曲 シューマン ピアノ

🤘 非常に評判が良いので挙げておきます。 アンダのピアノは繊細さと力感を併せ持ったもので良い演奏と思う。 その割に録音が多くないように思われるが、演奏が難しいのだろうか。

3
[1]• ミシェル・シュネデールはピアノ協奏曲イ短調を「青みを帯びた川のうねり」と表現した。

シューマン ピアノ協奏曲イ短調「頭のなかの♪おたまじゃくし」~クラシック音楽を聴いてみよう~

協奏曲 シューマン ピアノ 協奏曲 シューマン ピアノ

💕 内面的な心理状態が、なんだか複雑で、「そぉ~ みどぉ~ らそぉ~」とオケが問いかけるが、つれない。 [1]• クララは三男フェルディナントの長女ユーリエをフランクフルトの自宅に引き取って育てていたが、ユーリエがベルリンの寄宿学校に入った時からクララは彼女宛に手紙を出していた。 の風のがやはりC-H-Aの主題を印象付ける。

20
リパッティのことを高く評価していたアルフレッド・コルトーの演奏は、唖然とするほど個性的。 ()『クララ・シューマン-女の愛と芸術の生涯-』(高野茂訳、音楽の友社、1986年)17頁• 情感なんぞ、くそ食らえ~って感じに、音符がはじけまくる。

シューマン ピアノ協奏曲 イ短調:青みを帯びた川のうねり

協奏曲 シューマン ピアノ 協奏曲 シューマン ピアノ

⚠ ロマン派を代表する素晴らしいピアノ協奏曲です。 低弦の響きが、ボンボンっと聞こえるのだが、これがまるでジャズを聴いているかのように思えちゃう。

18
オーケストラは録音は悪いですが、ピアノにとても共感していて素晴らしいです。

シューマン ピアノ協奏曲

協奏曲 シューマン ピアノ 協奏曲 シューマン ピアノ

😊 そんな情景が浮かんでくるような美しい曲です。 ミニチュア・スコア. 尖ったところないマイルドな音色で、音が塊にならない上に、力強さも十分ある。

20
妻であり、優れたピアニストであったClaraを念頭に作曲されたことはまず間違いない。 第3楽章:中。

シューマン ピアノ協奏曲 イ短調:青みを帯びた川のうねり

協奏曲 シューマン ピアノ 協奏曲 シューマン ピアノ

😚 オケは低音を響かせて、昔風のロマンティックな演奏だが、ピアノは、斬新な感じがするのだ。 これは、一気に聴かせてくれる演奏です。 第3楽章: Finale; Allegro vivace 、4分の3拍子。

9
高音に偏った録音は残念である。

クララ・シューマン

協奏曲 シューマン ピアノ 協奏曲 シューマン ピアノ

✍ 何度も録音してきたリヒテルはシューマンのピアノ協奏曲を得意としています。 [1]• アクセント書く (ソロ弾きながら、第1ヴァイオリンを歌えるように) 2)「手が暇」だと ぶっ叩くけど、音質・強さを 抑える 3)「手が忙しい途中」の「折り返し」を 遠くまで きわだたせる 「指上下」と「手で弾く」の 切り替え & 「切って(空白作って)」さらう 4)音符のない1拍めを 体で感じる 5)左手全部+右手は1拍めだけ 右4小節フレーズ&両手のアウフタクト 全く同じ音なのに続きが違うので、も して下さい。

15
も行い、記事の正確性・中立性・信頼性の向上にご協力ください。 不思議に落ち着いた演出で、管弦楽とピアノが、時にオブリガートを互いに務めるという凝った構成とのこと。

ピアノ協奏曲 Op.54 イ短調/Konzert für Klavier und Orchester a

協奏曲 シューマン ピアノ 協奏曲 シューマン ピアノ

⚒ ピアノソナタ ト短調 1841-42• フィッシャーのピアノのノリは間違いなくライブ盤の方が上に感じます。 派手さのない中低音主体の音響はBPhらしくないとも言える。

打ち込みの鋭いリヒテルとか、アクの強いアルゲリッチとは違って、自然なのだが、春の陽射しのようで、木々の間から漏れてくるような光のきらめきがある。