【軟骨ピアス】位置の名前・痛み・安定度。ヘリックスとアウターコンクの違いって?|看護師が解説

名前 ピアス 場所 名前 ピアス 場所

😒 ピアスの位置と顔のバランスも大切! ピアスの穴を開けるときに、注意したいのが、 正面から見た時の顔とのバランスです。 ストレートバーベルやラブレッドスタッドなどのピアスがよく合うでしょう。 でも最近はボディーピアス、ファッションピアスの1つとして、ピアッシングする人が増えてきているんですよ。

今回は、男女のピアスの意味の違いや、耳たぶ、軟骨ピアスの位置の名前を、それぞれに合うピアスと一緒にご紹介しました。

ピアスをつける身体の部位と名称【アクセサリー】

名前 ピアス 場所 名前 ピアス 場所

💢 インナーコンクとも呼ばれていて、厚みのある部分なので 大きな内径のピアスも付けることができます。 どうしても不安な人は、ピアススタジオや病院で空けてもらいましょう。 ピアスの個数も、偶数を選ぶよりも、奇数を選ぶ人が多く、 日本人の感覚的にしっくりくるのが奇数ピアスのようです。

7
リップよりも唇から離れた位置を指します。 ピアッサーでの開け方 必要なものは マーキングペンとピアッサー、消毒スプレーなどです。

軟骨ピアスの位置と名称

名前 ピアス 場所 名前 ピアス 場所

👏 開け方やケアの方法に不安がある人は皮膚科などを受診し、医師に開けてもらうと良いでしょう。

亀頭の先端にポチんと1つ。 これから始めてピアス穴を開けようと思ったらなおさらのこと、 どの位置に開けるべきか、幾つ開ければよいのか気になるところですよね。

ピアスの位置と名前を写真付きで詳しくご紹介します!

名前 ピアス 場所 名前 ピアス 場所

♨ 耳のボディピアス場所と位置と名前のまとめ 耳だけでこんなに長くなってしまうくら色々な種類があるのがボディピアスです。 アンチトラガス 耳たぶの上の軟骨部分の所です。

3
ただし、ペニスに穴をあける過程で麻酔はできず、激痛に耐えてのピアッシングとなります。 インナーコンクやアウターコンクなどと一緒にコーディネートすると、とてもおしゃれに見える部分ですがインナーコンクとダイスが近寄りすぎてしまうとかえってバランスが悪かったり、擦れてトラブルの原因にもなりかねないので注意が必要です。

軟骨ピアスの位置や名前、開け方や痛み、トラブル対処まで徹底解説

名前 ピアス 場所 名前 ピアス 場所

👊 耳のふちの軟骨(ヘリックス) 「ヘリックス」は耳のふちの軟骨を指します。 見た目にも、耳たぶの下の方で揺れるピアスはかわいいですよね。

15
初めて開けるならヘリックスか後で紹介するトラガスがおすすめです。

【軟骨ピアス】位置の名前・痛み・安定度。ヘリックスとアウターコンクの違いって?|看護師が解説

名前 ピアス 場所 名前 ピアス 場所

☎ 最近はほぼ毎日ヤッてます。

5
つまりは、この逆で男性が右耳にだけピアスをあける場合「男性の片耳ピアスの意味」は、逆転した意味合いになるために「ゲイである」と言う意味を持っています。 耳の軟骨部の中でもピアッシングされる方が少ないので、 人と被りたくない方や 個性的なコーデを楽しみたい方などには、 おすすめの部位となっています。

軟骨ピアスの位置と名称

名前 ピアス 場所 名前 ピアス 場所

🤛 ブリッジピアスは 顔のピアスの中でも中々インパクトのある部位であり、 平面にするサーフェイスピアッシングで、セルフピアッシングは難易度も高いため、 ブリッジピアスを付けている人はそう多くはありません。 アウターコンク 耳の上にある内側の平らで薄い部分を「アウターコンク」と言います。 笑 軟骨ピアスのランキング 軟骨ピアスは部位によって痛みが全く違うので、アメリカのピアッシングスタジオの友人に痛みランキングを作ってもらいました。

15
スナッグ 由来 Snugは「ぴったり」「こぎれいな」「隠れた」という意味の単語なのですが・・・なぜピアスの位置でこう呼ばれたのかは、 調べたのですが不明でした・・・知っている人が居たら教えてくださ~い! アンチへリックスと呼ばれることも。 ピアッシングしたペニスを受け入れる女性の快感も相当激しく感じられます。

ピアスの開け方、開ける位置は?ピアッサーや病院など方法別に解説

名前 ピアス 場所 名前 ピアス 場所

😋 メンズアクセサリー専門店 Red Dice [レッドダイス] メンズアクセサリー専門店のRed Diceでは、オシャレでかっこいい魅力的なアクセサリーを厳選して取り揃えております。 自分で開ける方法やコーディネートのまとめ記事もあるので、よかったら参考にしてみてください。

また、耳の外側をなぞっていくと、顔側にピアスを開けれそうな山折の部位があり、そこに開ける場合は、前方という意味が付いた「フォワードヘリックス」と呼ぶこともあります。