週刊地震情報 2020.12.6 1日(火) サハリン西方沖でM6.7の深発地震 異常震域が見られる(ウェザーニュース)

沖 地震 西方 沖 地震 西方

🐲 [ ] - 総務省消防庁. 玄界島の物産展や玄界島住民のどんたくへのパレード参加などが行われている。 今回のようなサハリン西方沖での発生は少なく、マグニチュード6以上の深発地震は1939年4月以来のことです。

16
二戸市• 大河原町• 普代村• 最も大きなものは日本時間の2日 水 にアラスカ沖で発生したマグニチュード6. 出典 [ ]• 0の地震が発生し、福岡県の福岡市東区、福岡市中央区、前原市及び佐賀県みやき町で震度6弱を観測したほか、九州北部を中心に、九州地方から関東地方の一部にかけて震度5強~1を観測した。

福岡県西方地震関連

沖 地震 西方 沖 地震 西方

😅 0)が知られているのみで、によるものを含めてもM7級の地震は前例がなく、福岡市および糸島半島付近では以来最大の地震となった。 4と解析) 今回は1日 火 にアルゼンチン北西部で発生したマグニチュード6. 3の地震が起きています。 根室市 【青森県】• 白糠町• 能古島では2人が負傷し、住宅1棟が一部損壊の被害を受けた。

3
この地震では、災害時の通信や情報収集の手段としてEメールやウェブを利用する傾向が強くなり、同様の都市型震災でもが多く利用された1995年の当時と比べて大きな変化が見られた。

週刊地震情報 2020.12.6 1日(火) サハリン西方沖でM6.7の深発地震 異常震域が見られる

沖 地震 西方 沖 地震 西方

💙 厚真町• マグニチュード6を超えるような地震が起きるのは、今回の震源を含む、チリとの国境近くと、サンティアゴ・デル・エステロ州での深発地震くらいです。 ブエノスアイレスなど大西洋に近い地域では大きな地震はほとんどありません。

10
また約4割で家具類の転倒やの停止、約3割でテレビや電子レンジなどの重量物の落下があった。 これら観測値と同様に気象庁の推計震度分布図によれば、沿岸の広い範囲と、流域、沿岸のそれぞれ一部で推定震度5強、ところによっては推定震度6弱の地域が分布している。

週刊地震情報 2020.12.6 1日(火) サハリン西方沖でM6.7の深発地震 異常震域が見られる

沖 地震 西方 沖 地震 西方

👆 奥州市 【宮城県】• 10時56分ごろ - 震度速報• なお、気象庁は地震機動観測班を派遣して玄界島漁村センター(福岡市西区玄界島)に震度計を設置し、3月21日18時から観測を開始した。 また、従来から福岡都市圏は渇水等に悩まされていたが、この地震を教訓のひとつとして、福岡都市圏で災害に強い水道設備の建設の機運が高まり 、、とで、水道水の原料となる水道用水を緊急時に相互に融通しあう「(福北導水)」の構想が立ち上がった。 陳光斉ら、「2005年福岡県西方沖地震による志賀島の斜面災害と復旧対策」、土木学会『地震工学論文集』29巻、pp. 十勝大樹町• 福岡市西区西浦や東区香住ヶ丘では、崖崩れの危険性があるとして合わせて17世帯36人に避難勧告が発令され、対策工事の着工を受けて4月上旬に解除されている。

12
また、メインの余震域の東側の少し離れたところ、付近には本震から時間を置いて1日後の3月21日から活動が活発化した小さな余震域がある。

週刊地震情報 2020.12.6 1日(火) サハリン西方沖でM6.7の深発地震 異常震域が見られる(2020年12月6日)|BIGLOBEニュース

沖 地震 西方 沖 地震 西方

😉 一方で、一部の工場でプラントの一時停止などがあったものの、製造業や金融業などに大きな被害はなかったことが報じられている。 高速道路の通行止めの影響で、天神と九州各地の間で運行するも運休が発生し、再開は15時ごろとなった。 Asano, K. ドアをあけて避難路を確保してください• 44『』、第5章、2009年6月• 福岡県、福岡県支部、福岡県共同募金会などが取りまとめ元となり、「福岡県西方沖地震災害義援金」として5月末までの2か月あまりにわたって募金を募った。

17
福岡市を中心として福岡県と佐賀県で合わせて58人の負傷者が出たほか、新たに200棟以上の住宅で一部損壊の被害が発生した。

週刊地震情報 2020.12.6 1日(火) サハリン西方沖でM6.7の深発地震 異常震域が見られる

沖 地震 西方 沖 地震 西方

😝 遠野市• 福岡市を縦断する警固断層を境に、西側は地盤の柔らかい層が20メートルほどと薄い一方、東側は50メートルほどと厚く、警固断層の東縁では100メートル程度となっている。 福岡市では、沿岸部や中央区を中心として継ぎ手の破損などによる配水管からの漏水が31件、給水管からの漏水が101件、消火栓などからの漏水が30件発生した。

そうした地球深部の動きを紐解くため、情報量の少ない海域で地震波を観測し、研究を進めていきたいと考えています。