フランチェスカの鐘

あき子 二葉 あき子 二葉

👆 「愛の揺り籃」が最初のレコードだった。 「霧の港のノスタルジア」(1950年1月発売)• 「嘆きのルムバ」(1949年2月発売)• 「嗚呼北白川宮殿下」(1940年12月発売、共唱:)• 「晩年も純真で少女のような人だった」と、ひろしま音楽芸能文化懇話会主宰の上村和博さん(69)=広島市東区。

「面影の花」(1948年9月発売)• 戦時中は歌手として慰問活動をする。 「こゝろ月の如く」(1947年10月発売)• 「 」(1936年8月発売)• 来歴 [ ] のすぐ北側、大須賀町二葉(現在の二葉の里)出身で、芸名は二葉の里で安芸の国と地元からとる。

二葉あき子 / 青春歌年鑑 [戦前編] 4 昭和15年~20年 (2枚組 ディスク2)

あき子 二葉 あき子 二葉

☘ 「古き花園」(1939年6月発売)• 「悲しきすみれ」(1949年7月発売)• 「夢よもういちど」(1948年12月発売)• 1945年8月6日朝。 第10回は放送の『』の中で、二葉の歌も含め全編がされた(音声はモノラル)。 「旅の舞姫」(1947年10月発売、共唱:霧島昇)• (テレビ東京)• それから8年後の8月16日、心不全のため広島市内で死去した。

12
それから8年後の8月16日、心不全のため広島市内で死去した。 「涙の三人旅」(1937年9月発売、共唱:・)• 歌手として21世紀を超えてもなお活躍したが夏にファンのつどいにて引退を宣言し、広島に帰郷した。

二葉あき子

あき子 二葉 あき子 二葉

🙃 列車が約5キロ進みを過ぎの中央部に来たとき、重苦しい硬い音が頭を貫き、両耳に平手を食ったような衝撃を受けたという。 「夢よもういちど」(1948年12月発売)• 「あの夢この夢」「月に踊る」「乙女十九 」などで世に知られ、『春雷』の主題歌「古き花園」が大ヒットすると人気歌手としての声価を得る。

11
「なつかしの歌声」(1940年5月発売、共唱:)• 「夜汽車の女」(1955年4月発売)• 「乙女十九 」(1937年1月発売)• 「」(1942年8月発売、共唱:霧島昇)• (NHK)古関裕而〜青春 涙 哀愁〜• その増永丈夫はすでにとして流行歌手として名をなしていた。

二葉あき子

あき子 二葉 あき子 二葉

☭ 歌謡曲だけでなく、ブルースやシャンソン、演歌も歌いこなし、生涯のレコーディング曲は約700曲に上った。 「純情の丘」(1939年8月発売)• 生前、そう話していた二葉さん。

17
5(2014年夏号)』TME出版、2014年6月1日、104~105頁。

二葉あき子とは

あき子 二葉 あき子 二葉

🤞 二葉の死により、『』に出場した歌手のうち、存命者はのみとなった。

「」(1948年6月発売、台詞:)• 出身地にちなんだ「安芸」「二葉」を芸名に取り1936年にデビュー。

歴史的音源(二葉あき子) | 来(ら)いぶらりネット@ひろしま 広島県立図書館

あき子 二葉 あき子 二葉

❤ その後、のに「高音だけが歌じゃない」と励まされ復帰し、自ら低音発声法を作った。 古関によると「発売された頃には、高杉さんは、菊田さんから去り、さんが、菊田さんを悩殺していた。

20
広島県立広島高等女学校(現皆実高)を経て、東京音楽学校(現東京芸術大)卒業。 「なつかしのブエノスアイレス」(1948年7月発売)• 「黒いパイプ」(1946年9月発売、共唱:)• 「バラのルムバ」(1947年1月発売)• 二葉さんが芸備線で広島駅を離れて間もなく、原爆はさく裂した。